公認会計士高田直芳会計物理学&会計雑学講座

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accounting Physics & Accounting Trivia
Copyright(C) TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd. All rights reserved.

新日本法規財団 奨励賞 受賞論文
『会計学と原価計算の革新を目指して』
(PDF 32枚)
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳

日本公認会計士協会 研究大会 発表論文
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
(PDF 12枚)
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳

パワーポイント資料は、こちら。

zoom RSS "Aiming for Innovation in Management Accounting"

<<   作成日時 : 2017/02/05 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


Aiming for Innovation in Management Accounting
and Cost Accounting
会計学と原価計算の革新を目指して


新日本法規財団奨励賞受賞論文の要約版を、翻訳してみました。

【1】財務会計論や管理会計論から構成される現在の会計学では、企業の費用関数を右上がりの直線形で描くことによって、固定費・変動費・限界利益・損益分岐点などの概念を説明する。

その基礎となる理論を、会計学では損益分岐点分析(またはCVP分析)と呼び、企業会計審議会『原価計算基準』では公式法変動予算と呼ぶ。

Current accounting, which consists of financial accounting theory and management accounting theory, explains concepts such as fixed expenses, variable expenses, marginal profits, break even points by drawing the company's cost function in a straight-line upward linear shape .

The theory that underlies it is called accounting breakdown point analysis (or CVP analysis) in accounting, and it is called official law fluctuation budget in the company accounting council "cost calculation standard".


【2】筆者は長年、これらの理論を実務に生かすべく取り組んできたが、企業の費用関数を直線形で描写する損益分岐点分析や公式法変動予算が、実務で通用しないケースに悩まされてきた。

特に2008年のリーマンショック以降、上場企業の有価証券報告書を利用して損益分岐点分析を展開すると、固定費がマイナスに転落するという異常現象が続出する。

このような結果を導出する現在の会計学は、「理論面で崩壊しているのではないか」と指摘することができる。

For many years I have been working on making the best use of these theories in practice but I have been troubled by cases in which the break-even point analysis and the official law change budget describing the cost function of a company in a linear form are not acceptable in practice.

Especially after the Lehman shock in 2008, when analyzing the break even point analysis using the securities report of listed companies, the abnormal phenomenon that the fixed expenses will fall to the minus will continue.

It is possible to point out that the present accounting science that derives such a result is "has it collapsed in theory?"


【3】こうした問題点を克服するものとして、筆者は、実務の最前線で企業活動を観察しているときに独自の命題を見出した。

すなわち、「日々の企業活動において、昨日稼いだ資金は今日へ再投資(複利運用)され、今日稼いだ資金は明日へ再投資(複利運用)される」というものである。

「企業活動は日々複利の連鎖からなる計算構造を内蔵し、企業は複利的な成長を遂げるものである」と言い換えることができる。

As a way to overcome these problems, the author found its own proposition when observing corporate activities at the forefront of practice.

In other words, "In daily business activities, funds earned yesterday are reinvested (compoundingly active) to today and funds earned today are reinvested (to be compounded) tomorrow."

It can be rephrased as "corporate activities have a built-in computational structure consisting of a compound interest chain every day, and companies are going to achieve compound growth."


【4】この命題を実現するために、企業の費用関数は「直線形」ではなく、複利計算構造を内蔵した「曲線形または非線形」で表わされる必要がある。

具体的には「自然対数の底e」を用いた指数関数を利用する。

In order to realize this proposition, the cost function of a company is not "linear type" but it must be expressed as "curved type or nonlinear type" incorporating a compound interest calculation structure.

Specifically, an exponential function using "base e of natural logarithms" is used.


【5】現在の会計学は基本的に、1次関数を基礎として組み立てられている。

これは単利計算構造である。

企業活動は「複利計算構造」を内蔵しているにもかかわらず、それを「単利計算構造」で解き明かそうとする現在の会計学は変革されるべきではないか、というのが、本稿で論述する内容である。

Current accounting is basically built on the basis of a linear function.

This is a simple interest calculation structure.

Despite the fact that corporate activities have built-in "compound interest calculation structure", it is said that whether current accounting science, which intends to unravel it in "simple interest calculation structure" should be changed, in this paper It is content to be discussed.


【6】上記の理論は、原価計算実務にも応用することができる。

筆者が企業の現場で最も悩んだのが、企業会計審議会『原価計算基準』が示す公式法変動予算の「実現不可能性」であった。

机上の計算問題を解くことと、現場で実際に取り組んでみることとは、まったく異なる。

原価計算実務にも、複利計算構造を内蔵した理論を適用することによって、『原価計算基準』が説く「真実の原価」に近づくことが可能となる。

The above theory can also be applied to cost accounting practice.

What I was most concerned about at the company site was "Impossibility" of the official law fluctuation budget indicated by the "Accounting Cost Calculation Standard" of the Business Accounting Council.

It is quite different from solving computational problems on the desk and actually working on site.

By applying the theory incorporating the compound interest calculation structure to cost accounting practice, it becomes possible to approach the "cost of truth" which "cost calculation standard" preaches.


【7】なお、本稿では、以下に掲げる上場企業の有価証券報告書(決算短信や四半期報告書を含む)を利用して、理論の「実現可能性」を検証している。(カッコ内は証券コード)
    アサヒグループホールディングス(2502)
    キリンホールディングス(2503)
    マツモトキヨシホールディングス(3088)
    電通(4324)
    アース製薬(4985)
    東芝(6502)
    ルネサスエレクトロニクス(6723)
    ソニー(6758)
    ファナック(6954)
    日産自動車(7201)
    イオン(8267)
    ANAホールディングス(9202)
    日本電信電話(NTT、9432)
    NTTドコモ(9437)
    ヤマトホールディングス(9064)

In this paper, we verify the "feasibility" of the theory using the securities report of listed companies listed below (including financial summary report and quarterly report). (Securities code in brackets)

    Asahi Group Holdings (2502)
    Kirin Holdings (2503)
    Matsumotokiyoshi Holdings (3088)
    Dentsu (4324)
    Earth Pharmaceutical (4985)
    Toshiba (6502)
    Renesas Electronics (6723)
    Sony (6758)
    FANUC (6954)
    Nissan Motor (7201)
    Ions (8267)
    ANA Holdings (9202)
    Nippon Telegraph and Telephone Corporation (NTT, 9432)
    NTT DoCoMo (9437)
    Yamato Holdings (9064)





原文は以下の通り。
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文
『会計学と原価計算の革新を目指して』(PDF 32枚)
執筆者(受賞者)公認会計士 高田直芳

国立国会図書館所蔵の論稿集は、こちら。
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文
『管理会計と原価計算の革新を目指して』(PDF 12枚)
執筆者(発表者)公認会計士 高田直芳
〔文責 高田直芳 税理士 公認会計士〕

テーマ

注目テーマ 一覧


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accounting Physics & Accounting Trivia
Copyright(C) TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd. All rights reserved.

以下は、直近のブログ(50件程度)のタイトルだけを表示しています。

月別リンク


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accounting Physics & Accounting Trivia
Copyright(C) TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd. All rights reserved.

"Aiming for Innovation in Management Accounting" 公認会計士高田直芳会計物理学&会計雑学講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる