公認会計士高田直芳会計物理学&会計雑学講座

アクセスカウンタ


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accounting Physics & Accounting Trivia
Copyright(C) TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd. All rights reserved.

新日本法規財団 奨励賞 受賞論文
『会計学と原価計算の革新を目指して』
(PDF 32枚)
執筆者(受賞者)公認会計士 高田 直芳

日本公認会計士協会 研究大会 発表論文
『管理会計と原価計算の革新を目指して』
(PDF 12枚)
執筆者(発表者)公認会計士 高田 直芳

パワーポイント資料は、こちら。

zoom RSS 公認会計士高田直芳:『オイラーの贈物』吉田武 〜古典派会計学には理解不能な確率微分方程式〜

<<   作成日時 : 2017/01/09 01:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0


『オイラーの贈物』 吉田 武
〜古典派会計学には理解不能な
確率微分方程式の世界〜



オイラーの贈物
人類の至宝eiπ=-1を学ぶ

東海大学出版会
吉田 武
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

2017年の正月に、上掲書を読み終えました。
これで3度目。
従前ブログ『[決定版] 新・ほんとうにわかる経営分析、が届く』で取り上げて以降、1年かけて、コピー用紙の裏面に「写経」しながら読んでいました。

上掲書は2011年にNHK『クローズアップ現代』で取り上げられて、一時期、ブームになったことがあるので、知っている人も多いと思います。

私が最初に読んだのは、ブームを遡ること10年前。
当時は、小さな小さな文庫本サイズ(2001年版)でした。
時間が経つのも忘れて、貪るように読んだことを覚えています。

この頃すでに、次の受賞論文で論じている「管理会計としてのタカダ式操業度分析」や「原価計算としてのタカダ式変動予算」の着想を得ていました。
【資料1】
新日本法規財団 奨励賞 受賞論文
『会計学と原価計算の革新を目指して』(PDF 32枚)
執筆者(受賞者)公認会計士 高田直芳

国立国会図書館所蔵の論稿集は、こちら。
日本公認会計士協会 研究大会 発表論文
『管理会計と原価計算の革新を目指して』(PDF 12枚)
執筆者(発表者)公認会計士 高田直芳

ただし、【資料1】の受賞論文に、『オイラーの贈物』がどれだけ役に立ったのかは、よく覚えていません。
オイラーの公式「  」を理解することは、ほとんど趣味の世界でした。


『オイラーの贈り物』を2度目に読んだときは、次の2冊の書籍を出版する間の期間だったかな。
会計&ファイナンスのための数学入門
日本実業出版社
高田 直芳
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 会計&ファイナンスのための数学入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
高田直芳の実践会計講座
原価計算

日本実業出版社
2010-05-01
高田 直芳
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高田直芳の実践会計講座 原価計算 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

上記2冊に、『オイラーの贈物』がどれだけ役に立ったのか、これもよく覚えていません。
やはり、オイラーの公式「  」は、趣味の域を出ませんでした。


そして、『オイラーの贈物』を読むのは、今回が3度目。
単行本に買い換えました。

今回は、いまだ世間には公表していない「タカダ式確率微分方程式」の検証のために読んだのですが、これまたよくわからずじまい。

仕事であれば、3度も読む気は起きません。
趣味の世界だから読み通せたようなもの。


「タカダ式確率微分方程式」とは、次の【資料2】に示す「ブラック・ショールズ方程式」に、さらにその下の【会計物理学の公式集】にある方程式を組み合わせて導かれます。
【資料2】『金融工学/野口悠紀雄著』201ページより
画像

【会計物理学の公式集】 Google Chart API で作成
  1. タカダ式操業度分析
    1. タカダ式コスト関数


        ……基準固定費( Standard Fixed Cost )
        ……自然対数の底( Base of Natural Logarithm )
        ……予算係数( Budget Factor )
    2. 売上高関数

      収穫一定 

      収穫逓減 

  2. タカダ式操業度分析の収益指標
    1. 損益操業度売上高・収益上限点売上高


    2. 予算操業度売上高(予算係数の逆数)


    3. 最大操業度売上高その1(管理会計の利潤最大化条件)


    4. 最大操業度売上高その2(管理会計の利潤最大化条件)


  3. 最適キャッシュ残高方程式
    1. 2項分布を応用した最適キャッシュ残高方程式


    2. ポアソン分布を応用した最適キャッシュ残高方程式


  4. タカダ式キャッシュフロー方程式


  5. タカダ式操業度分析の経営指標
    1. 実際操業度率( Actual Operating Rate )


         ……実際売上高
        ……予算操業度売上高
    2. 損益操業度率( Profit and Loss Rate )


          ……損益操業度売上高
        ……予算操業度売上高
    3. 戦略利益( Strategic Benefit )

      =(営業利益or当期純利益)+(基準固定費)×(実際操業度率)

  6. キャッシュフロー関係の経営指標
    1. タカダ式フリーキャッシュフローその1

      =(実際キャッシュ残高)−(最適キャッシュ残高方程式の解)

    2. タカダ式フリーキャッシュフローその2

      =(実際キャッシュ残高)−(タカダ式キャッシュフロー方程式の解)

  7. タカダ・デフレーター


      ……売上高の標準偏差
      ……総コストの標準偏差
  8. タカダ式ポートフォリオ指数


  9. タカダ式企業価値方程式
    1. 他人資本方程式


    2. 自己資本方程式


    3. タカダ式企業価値方程式


  10. 最適資本構成タカダ理論の解法
    1. 解法その1(収穫逓減による)

       を  で微分する。

    2. 解法その2(代替財による)

      (最適デット比率):(最適エクイティ比率)

      =(自己資本コスト率):(他人資本コスト率)

    3. 上記 a. b. のどちらの解法によっても次の一般公式が導かれる。


        ……他人資本コスト率
        ……自己資本コスト率
  11. 最適資本構成タカダ理論の一般公式
    1. 他人資本比率の最適解


    2. 自己資本比率の最適解


    3. D/Eレシオの最適解( Optimal Solution )


    4. D/Eレシオの実績値( Actual Solution )


         ……加重平均資本コスト率


上記【資料2】の「ブラック・ショールズ方程式」は、1997年にノーベル経済学賞を受賞した理論です。

上記【会計物理学の公式集】はすべて、私(高田直芳)が1人で導き出したものです。

上記の方程式を組み合わせた先に導き出された「タカダ式確率微分方程式」が、管理会計論・経営分析論・原価計算制度などで、どのように役立つのか。
それを検証するには、いまだ私の能力が足りず。

これから確定申告や会計監査の季節風が吹き荒れるので、検証している時間もない。
オイラー先生、せっかくの贈り物なのに、役立てることができなくて、ごめんなさい。

古典派会計学のやっかみも鬱陶しいし、次(4度目)に『オイラーの贈物』を読むまで、「タカダ式確率微分方程式」に関する原稿は、サーバーの奥深くへ、しまいこむことにしました。

制作著作 高田直芳 税理士 公認会計士


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accounting Physics & Accounting Trivia
Copyright(C) TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd. All rights reserved.

以下は、直近のブログ(50件程度)のタイトルだけを表示しています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク


制作著作 高田 直芳 公認会計士 税理士
会計物理学&会計雑学講座
Accounting Physics & Accounting Trivia
Copyright(C) TAKADA Naoyoshi & CPA FACTORY Co.,Ltd. All rights reserved.

公認会計士高田直芳:『オイラーの贈物』吉田武 〜古典派会計学には理解不能な確率微分方程式〜 公認会計士高田直芳会計物理学&会計雑学講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる